美顔器

フォトシャインとフォトスチーマーの違いはなに?価格、機能、使い方は?

美顔器

季節の変わり目はお肌が敏感になっていると感じませんか、、

特に秋のお肌は夏の強い紫外線や、マスクによる影響でお肌はかなりストレスを
感じていると思います。

そんな肌ダメージはスチーマーで美肌菌を整えるのがおすすめですよ。

今回は美肌菌に着目して作られた浴びる美顔器、フォトシャインとフォトスチーマーについてご紹介します。

どちらの美顔器も形や大きさはほとんど変わりませんが、どんな違いがあるのでしょう。

それぞれの価格、機能、使い方を調べてみました。

フォトシャインとフォトスチーマーの大きな違いは、価格とLEDの数

フォトシャインとフォトスチーマーの大きな違いは価格とLEDの数にあるようです。

それぞれの価格とLEDの数は

・フォトシャイン 59400円

・フォトスチーマー 79200円

・フォトシャインのLEDの数 5種類 (赤 橙 黄 青 緑)

・フォトスチーマーのLEDの数 4種類 (赤 オレンジ 青 緑)

となっています。

フォトシャインの方がフォトスチーマーに比べて
20000円程安いことがわかります。

引用先 YAMAN TOKYO JAPAN フォトシャイン

そしてフォトシャインのLEDの数は5色で、フォトスチーマーより1つ多くなっています。

フォトシャインにしかついていない黄色のLEDの効果について調べてみました。

黄色LEDの効果

・化粧水や美容液の浸透力を高める

・シワの改善

・美白効果

・肌の再生を整える。

・肌の炎症を抑える

などがあります。

黄色LEDは美白ケアにも役立つためブライトリフトと合わせて使うこともできるようです。

夏は紫外線がきついので夏の肌ダメージをリセットするのにも役立ちそうですね。

夏の肌ダメージをリセットする方法については他の記事でも紹介しています。

良かったら参考にしてみてください。

その他のLEDの効果に付いては後ほどご紹介します。

フォトシャインとフォトスチーマーは3つの浴びるケアで美肌へ導く

フォトシャインとフォトスチーマーの特徴は、3つの浴びるケアで美肌に導きます。

フォトシャイン 

W温スチーム

化粧水ミス

5色LED

フォトスチーマー

ミスト

スチーム

4色LED(フォト)

となっています。

どちらのスチーマーも特徴はぼぼ同じだと言うことが分かります。

どちらも3つの浴びるケアで美肌へ導いてくれます

フォトシャインとフォトスチーマー のLEDの色はどんな美肌効果があるの?

フォトシャインの黄色LEDは美白ケアに役立つことが分かったと思います。

ではその他のLEDにはどんな美肌効果があるのがご紹介します。

フォトシャインとフォトスチーマーのLEDの色別、美肌効果は

赤色LEDの効果は

・お肌の新陳代謝を高める。
・コラーゲンの生成を助ける
・ハリ、弾力のあるお肌に導く
・血行を良くする

オレンジ(橙)色のLEDは

・肌の生まれ変わりを助ける
・コラーゲンの生成を助ける

青色LEDは

・皮脂の分泌を抑えてニキビ予防に導く

・毛穴を引き締める

緑LEDは

・肌くすみをとり肌トーンを明るく導く

となっています。

LEDの美肌効果は色によって様々だということがわかりました。

LEDの光美容については大塚商会さんのページに詳しく書いてありましたので、こちらを参考にしてみてください。

LEDの美容効果・美肌効果・エステ効果とは
美容分野においても、LEDが活用されるようになってきました。例えば、LEDの光を肌に照射することで美肌効果が期待できるLED美顔器といったものです。もともと美容の世界では、光照射エステというものがあり、光を肌に当てることで肌の血行をよくしたり細胞の代謝を活性化したりして、肌の弾力やハリを取り戻すだけでなく、透明感や肌のキメへの効果を期待されています。LED美顔器は、この光照射エステのLED版で、その多くは発光色の異なるLED素子を複数平面に並べて照射する構造となっています。また、LEDの光は肌に有害な紫外線を含まないことから、肌にダメージを与えることなく血行をよくすることをも期待できるとされています。

LEDは、光の種類によって肌に対する効果が違うとされており、赤や近赤外線は肌の弾力を向上し、黄色はメラニンの排出、緑色は肌の透明感を向上、青は殺菌効果でニキビ対策になるといわれています。LEDがこの分野に活用されるようになったのは、LEDの発する光は、紫外線を含まないことから、従来機器に設置する必要があったUVカットフィルターを使わずに済むことや、発熱量が少なく省電力が可能であるからです。小型の装置ではバッテリーを内蔵した充電式のものもあり、持ち運びが簡単にできるような製品も開発されています。

LEDに限らず、光照射エステの効果は施術される人によって差があるとされていますが、人体に有害な波長の光を含まないLEDは、安全性の面からも美容の分野でその活用の幅を広げています。

引用先 大塚商会 LEDの美容効果・美肌効果・エステ効果

フォトシャインとフォトスチーマーはお水より化粧水を一緒に使うとより一層潤い肌へ導く?

フォトシャインとフォトスチーマーは化粧水を一緒に使うとより一層潤い肌へ導いてくれます。

お水を使うことも出来ますが、化粧水を使うことで潤いは、手で付けるよりも約3倍もアップするようです。

理由はミストが通常のものよりとても小さく、お肌の角質層までしっかり行き届いてくれるからです。

化粧水を使ってのお手入れは化粧水ミストタンクに化粧水を入れて稼働します。

この時に使う化粧水はお手持ちの物でも大丈夫ですが、

適さない化粧品もあるので気を付けましょう。

フォトスシャイン、フォトスチーマーに適さない化粧品

・オイルを含んでいるもの。
・とろみのあるもの

は使わないでくださいね。

オイルが含まれていない、さらっとしたテクスチャーのものがおすすめです。

化粧水の美容成分がお肌に効率よく浸透して
潤いに満ちたプルプルのお肌に道にいてくれます。

フォトシャインとフォトスチーマーはお肌の調子に合わせて6つの使い方から選べる

フォトシャインとフォトスチーマーは6つの使い方があります。

6つの使い方は

・スチームを浴びる
・汚れを落とす
・化粧水を浸透させる。
・じっくりLED浴びる
・ながら美顔する。

となっています。

ではフォトシャインとフォトスチーマーの使い方を見ていきましょう。

フォトシャインの使い方

・温スチーム単独
(スチーム、クリーン)

・冷ミスト単独
(モイスト)

・温冷組み合わせ
(シルクスキン、トーンアップ)

・LED照射なし
(ロング)

です。

フォトシャインのスチームはお肌をリラックスさせたい時におすすめです。

12分の温スチームでお肌を柔らかくしてくれます。

スチームは本体2か所の吹き出し口から出るので、
お顔全体に効率よくスチームを当てることが出来ます。

次にフォトシャインのクリーンはメイク落としにおすすめです。

洗顔をしないで使うとファンデーションやポイントメイクが浮き上がり、クレンジングがとても楽になります。

その後はふき取りローションで汚れをふき取きとればOKです。

お肌に触れずに汚れを浮き上がらせるので、肌負担を抑えたケアができますね。

敏感肌の方にもおすすめだと思います。

次にモイストはクリーンの後に使うのがおすすめです。

ミストタンクにローションを入れて約1分間稼働します。

顔を左右に動かしながら隅々にまでミストをあてていきます。

青色と緑色のLEDを照射しながらケアできるので、

化粧水の美容成分を角質層まで浸透させてくれます。。

次にシルクスキンはじっくりお肌をケアしたいときに使います。

5つのLEDを順番に浴びながら約8分間稼働します。

温ミスト、休む、冷ミストを繰り返し稼働し、肌サイクルを整えてくれます。

次にロングは長時間お肌をケアするのにおすすめです。

例えば

・睡眠中
・デスクワーク中

などフォトシャインをそばにおいて稼働させるだけで、
スチームをお肌に当てることが出来、美肌効果を高めてくれます。

ロングは温スチーム、休む、温スチームを繰り返しながら
約7時間、稼働します。

寝ている間もスキンケアができるなんて夢のようですね。

フォトスチーマーの使い方

次にフォトスチーマーの使い方を紹介します。

・ディープクレンズ
・クイッククレンズ
・モイストクレンズ
・シルクスキン
・トーンアップ
・ロング

です。

フォトスチーマーの使い方はフォトシャインとさほど違いはないようです。

どちらのスチーマーも使い方はほぼ同じで、名前が少しずつ違っている事がわかりました。

LEDはオン、オフの切り替えができるので、それぞれのモードでケアしながら照射したり、

LEDだけ照射することもできます。

フォトシャインとフォトスチーマーそれぞれどんな方におすすめ?

2つのスチーマーを比べてみて、それぞれどんな方におすすめなのかご紹介します。

フォトシャインがおすすめのかた

シミやくすみを重点的にケアしたい方
・肌の乾燥が気になる方
・マスク荒れが気になる方
・敏感肌の方

フォトスチーマーがおすすめな方

・肌の乾燥が気になる方
・マスク荒れが気になる方
・敏感肌の方

どちらのスチーマーも機能や使い方は同じですが
シミやくすみが気になる方はフォトシャインがおすすめです。

フォトシャインとフォトスチーマーの違いまとめ


フォトシャインとフォトスチーマーの違いについて調てみて分かった事は

・価格
・LEDの数

であることが分かりました。

フォトシャイン

価格 59400円

LEDの数 5つ (赤 橙 黄 青 緑)

フォトスチーマー

価格 79200円

LEDの数 4つ (赤 オレンジ 青 緑)

です。

機能や使い方についてはそれほど差はないようですが、

フォトシャインはLED黄色が付いていることで
美白ケアにも役立つ
事がわかりました。

透明感のあるお肌へ導いてくれて、紫外線による夏の肌ダメージをリセットするのにも役立ちそうですね。

わたしは敏感肌なのでお肌が乾燥しないように特に気を付けています。
スチーマーは空気が乾燥する冬やマスク荒れ対策にもおすすめです。

マスク荒れ対策のスチーマーの使い方について別記事でも紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました